メニュー

CLOSE

  • HOME
  • お知らせ
  • 犬が年をとったら読む本に執筆致しました。

犬が年をとったら読む本に執筆致しました。

犬が年をとったら読む本に執筆致しました。


2017/03/28 メディア

犬が年を

ペットメモリアル東京は、ていねいで信頼できるセレモニーが人気のペット葬儀会社です。
首都圏を中心に営業展開しており、2017年で創業15年を迎えた。
口コミで評判になり、リピーターが多い。ペットメモリアル東京 代表木村さまより現代のペット葬儀事情を伺いました。

 

執筆ペットメモリアル東京・代表

=本文抜粋=

ペットは大切な家族。パートナーです。

お子様から、学生、ご夫婦、単身の方、ご家族、会社で飼われていた看板犬・猫、など様々なご依頼主がいらっしゃいます。

ペット葬儀の利用者は、10年前はペットがいる家庭の4割くらいだったのが、今では6割くらいに増えています。

家族の一員として、しっかり見送ってあげたいという人が増えているのでしょう。

私たちがペット葬儀をする際は、ご家族がペットとしっかり向き合う時間を作れるよう気をつけています。

例えば、問合せのお電話をいただいた時、できるかぎりのお時間そばにいてあげて、最後のお別れのお時間をとってあげるように勧めています。

愛するペットの死を受け入れられない人にも、冷静にゆっくりと向き合う時間を持たせてあげたいのです。

そうするだけで心の整理がついてきます。

また、親族やご近所さんでお別れが済んでいない方はいらっしゃいませんか?と尋ねます。

多くの方との語らい、思い出話をすることで気持ちが和らいだりするものです。

他にもお骨上げの際には「この子は丈夫な脚をされていますね」などと話しかけて、飼い主様の思い出話を聞かせてもらうようにしています。

私たちペット葬儀社ができることは限られますが、少しでも飼い主様の心が癒されるようなご葬儀ができればと考えております。

大好きな飼い主さんの心が安らぐことは、ペットにとっても供養になるはずですから・・・。