メニュー

CLOSE

  • ペット葬儀・火葬のペットメモリアル東京。足立・葛飾・荒川・草加・三郷・市川・横浜・川崎・多摩

お役立ちコラム|見送り方と供養

ペットを見送る

ペットの見送り方

一昔前は、ペットが亡くなった時、庭に土葬する方法が一般的でした。自分達の手で穴を掘ってあげて、手作りのお墓を作ってあげるといった方法です。
しかし、他の野生動物が掘り起こしたりするという可能性、首都圏の住宅事情から考えると、あまりお勧めできる方法ではありません。
空き地だからといって勝手に埋葬することは、法律上できません。
現在はどような見送り方が一般的なのでしょうか?

自治体(市区町村)

多くの自治体ではペットの遺体の引き取りを行ってくれます。清掃局が有料で引き取るといったケースが多いでしょう。(法律上ペットは所有物となるため)お骨の返却はありません。

※各自治体によって異なるので注意してください。

ペット専門の葬儀社

家族の一員として暮らして、愛情を注いできたわけですから、人間と同様に供養してあげたいと思うのは当然のこと。
そんな時は私どものような「ペット葬儀専門業者」にご相談下さい。
葬儀はもともと、亡くなったものが成仏するために行われますが、残された人のためにも意味があります。「死」という事実を受け止め、対応することは簡単なことではありません。この心の動きを整理するための儀式が葬儀です。
きちんとした供養は、ペットのためではなく、あなたの気持ちを切り替えるための大切な方法なのです。こういった心のフォローまで心得ているのがペット葬儀会社です。
馴染みのない方も多いと思いますが、一度ご相談下さい。

ペット供養とは

ペットには決まった供養の仕方はありません。供養の仕方は飼い主の考え方や、家族の考え方が強く反映されます。
だから、飼い主や家族にとって一番良い方法を選ぶことができます。
『何かをしなくてはいけない』、とか『何かをしてはいけない』、ということは一切ありません。
火葬をしてあげる、自宅にずっと遺骨を置いてあげる、霊園や寺院に納骨する、メモリアルグッズを制作する、お供え物をする、ご家族で思い出話をする、手紙を書く、などたくさんあります。すべてその子にとっての供養ですし、どれも正しいことです。
なにより大切なのは、供養の方法よりも感謝の気持ちを伝えること。
「今まで一緒に暮らしてきて毎日楽しかった」
「出会えて本当に幸せだった」
「ありがとう」
と感謝の気持ちを伝えることが何よりもの供養ではないでしょうか。

コラム一覧に戻る