メニュー

CLOSE

  • ペット葬儀・火葬、ペットのお葬式ならペットメモリアル東京。犬、猫、小鳥。

悪徳業者トラブル・移動火葬車トラブルが増えています。

移動火葬車


悪徳業者トラブル・移動火葬車トラブル



2019.4.28更新

検索例: 「移動火葬車 黒煙」 「近隣トラブル」 「火葬車トラブル

参考記事: 「ご近所クレーム」 「移動火葬車で火葬した場合」 「〇〇協会加盟は要注意」 「違法性の高い移動式火葬車


※移動火葬車では、首都圏の住宅事情によるトラブルが度々起きているのが実情です。
要因としましては、臭いや煙、駐車環境、近隣住民の方々の火葬に対する心理的な不安、近隣住宅への熱風流入、
また、残念なことにペットが好きな方ばかりではないことなどがあげれられます。
多くの人々が暮らす首都圏では様々な思考の方がいらっしゃいます。そのことをふまえながら、最愛のお子様のお見送りの方法を検討しましょう。


※移動火葬車は、どんな仕様であっても、少なからず臭いや煙は出ています。それでもホームページ上では、「無煙無臭」と表記するのがあたりまえになっています。また、800度を超す火葬炉内から灼熱の熱風が終始出ています。ご近隣のご理解がない場合は火葬車の利用は避けた方が良いでしょう。


※ご自宅から離れた場所で路上火葬している場合でも、その離れた場所でトラブルになっているケースも多くございます。不審車両として通報されてしまい、消防車やパトカーが来てしまう場合も少なくありません。大切なお子様のお見送りのときにそんなトラブルがあっては残念です。とくに夜間火葬は不審車両と判断されるケースが多いのでご注意ください。


※小学生以下の小さなお子様のいらっしゃるご家庭や、近隣に小学校、幼稚園、保育園、塾、公園などお子様が集まる場所がある場合、
万が一の高温火葬炉(800度~1000度)・機材によるヤケド・ケガなどの心配から移動火葬車の利用はできるだけ避けた方が良いでしょう。


※道端火葬・路上火葬・路上収骨にご抵抗のある皆様や、ペット不可住宅、集合住宅、住宅密集地などでご近隣が気になる方は、移動火葬車は利用しない方がよいでしょう。


※コインパーキングでは火葬できません。所有者や運営会社の許可が必要となります。事例・弁護士の見解


※火気厳禁である場合は河川敷での火葬はできません。河川管理者(国土交通省・市区町村・東京都建設局など河川により管理者が異なります。)の許可が必要となる場合があります。





2018.4.15更新

※移動火葬事業によくみられる、フランチャイズ店、大手企業の看板貸、外注専門店にはご注意ください。実際に自宅に来る下請け業者は、大手に集客をお願いしている開業間もない葬儀社ばかりです。火葬技術や応対に問題があるケースが見受けられます。





2017.10.7更新

検索例: 「高額請求

※移動火葬車を頼んだら法外な料金を不当請求をされた。との新聞報道がありました。高圧的な態度でくる業者の言いなりになってしまうケースがあるようです。依頼の電話で確認した金額以外は支払わず、すぐに通報しましょう。


※火葬を頼んだら聞いていないお布施を強要されてしまった。との報告がありました。初めての経験で言われるがまま高額なお布施を支払ってしまったとのことです。依頼の電話で確認した金額以外は支払わず、しっかり断りましょう。